魚露目8号

魚露目8号は、コンパクトデジタルカメラ用の魚眼コンバージョンレンズです。レンズにはマグネットが装着されており、付属の金属リングと両面テープで簡単に取り付けられます。金属リングで取り付けることのできない機種については、オプションでアダプタをご用意しました。魚露目8号を取り付けたデジタルカメラ

アダプタは、カメラの三脚ネジを利用して金具を固定します。さらにレンズを装着するための金具を取り付けます。レンズに装着されているマグネットがアダプタに吸着します。レンズを取り付ける金具は上下左右に位置を調整することができます。

魚露目8号をご購入いただいた方に、魚露目8号や魚眼レンズで撮影した円周魚眼画像を簡単にパノラマで表示できるギョロビューの評価版を無償配布しています。以前にご購入いただいた方もダウンロードできますので、是非お試しください。

ご購入はギョロショップからどうぞ。

主な仕様
射影方式 等距離射影
倍率 0.1628
画角 180度
撮影距離 0〜無限遠
寸法 φ26mm(胴体部φ18mm)×37mm
重量 レンズ 27g
標準価格 本体のみ(レンズ、金属リング付)    6,279円(税込み)
本体+アダプタ 9,240円(税込み)

カメラ本体に両面テープを取り付ける際、レンズ先端部へ負荷がかかります。取り付けの際は、十分にご注意ください。取り付けによる不具合等は、当社では保証いたしかねます。予めご了承ください。

アダプタについて

アダプタ取り付け説明図アダプタの外形寸法は、右図のようになっています。

  1. お手持ちのカメラに三脚ねじ穴があるかご確認ください。
  2. 三脚ねじ穴からレンズ先端までの距離が図の長さ以内かどうかをご確認ください。ズーム機能搭載機など、レンズが突出する機種の場合は、最も飛び出している状態でご確認ください。
  3. カメラ底面からレンズ中心までの距離が図の長さ以内かどうかをご確認ください。カメラによっては、デザイン上の中心とレンズの中心位置がずれているものがありますので、距離を図る際、レンズ自身の中心位置をご確認ください。

アダプタの延長方法について三脚ねじ穴からレンズ先端までの距離が足りない場合は、右図のようにスタッドとスペーサを組み合わせると、使用できます。スペーサは、スタッドのねじ部分が飛び出して、カメラにぶつからないようにするものです。スタッドの長さによっては、必要ない場合もあります。それぞれ、お手持ちのカメラのサイズに合わせて適当な長さのものを、ホームセンターなどでご購入ください。

上記に当てはまらない場合でも、取り付けられる場合もあります。詳細については、お問い合わせください。

雑誌掲載

書籍 コメント
デジタルカメラマガジン
インプレスコミュニケーションズ
2006年10月号
画像作品(佳作)「宇宙要塞」バックを黒にし、特殊照明をあて、横にはったクモの巣をグンと引き立てた作品。クモの巣が横にはるのは、大変珍しいらしい。
月刊カメラマン
モーターマガジン社
2006年11月号
ウルトラワイドコンバージョンレンズ UWC-0195 紹介
魚露目8号レンズとは違うものですが、1000万画素以上のカメラにも充分に対応できるコンバージョン魚眼レンズUWC-0195の紹介をしました。コンシューマ・業者・プロカメラマンまで幅広くお使いいただいてます。
デジタルカメラマガジン
インプレスコミュニケーションズ
2007年1月号
画像作品(入選)「地球を乗せて」
入選おめでとうございます。朝日が昇るところの写真で、糸トンボが草原の1本の植物の芽の先端にとまっており、ボール状になった朝露をトンボが背中に背負って、活動するタイミングをじっと待っている。すばらしい作品。
湘南生活Vol.4
湘南海童社
2007年12月5日発行
魚露目8号紹介
「湘南で犬をパチリ!」
「今すぐ実践できる写真テクニック」
いつも見慣れたペット(今回は、犬)をデジカメに魚露目8号装着し近接撮影。なんとも愛嬌たっぷりの写真が撮れる。
デジタル写真生活
ニューズ出版
2008年Vol. 12
魚露目8号紹介
「ググっと近寄った ま??るい世界を体験」
円周魚眼から対角魚眼まで体験できる魚眼コンバージョンレンズとして紹介されました。1ページもの特集。
Love カメラ
宝島社
2008年Vol.9
魚露目8号紹介
「手持ちのコンパクトデジカメでも魚眼写真を撮りたい」周辺機器情報の筆頭として、取り上げていただきました。近景から遠景まで手軽に撮れる優れものとして紹介。
写真集
「東京昆虫デジワイド」
糸崎公朗先生
アートン社
2007年8月30日発行
糸崎先生が魚露目8号レンズを使い、112点もの円形魚眼写真だけを発表した写真集。近接から遠景までしっかり撮ることが出来る魚露目8号は高評価。糸崎先生「都会の中に、ぼくらの横に、こんなヘンな虫がいっぱい!」海野先生「後ろのリアリティーが、街がさ、生きているんだよね。」
BE-PAL
小学館
2008年10月号
動物写真家の中川雄三さんが虫の目レンズとして紹介していただきました。